絵本で子育て。絵本ていいなと改めて感じます。

絵本は奥が深い

子どもが生まれ、絵本を読む機会が増えた人は多いのではないでしょうか。

絵本や童話が好きで、子どもにたくさん絵本を読んであげるのが夢でした。

子どものことを考え「どんな本なら喜んでくれるかな?」、「こんなことを伝えたい」なんて考えて絵本を選ぶとより楽しいですよね。

そしてあらためて読んでみると、絵本や童話の良さを再確認させられました。

絵本は、子どもにもわかる簡単な言葉で、深い内容を伝えてくれものだと思います。

子どもと大人で違う感じ方

絵本を読んでいると、改めて感じることが多くあります。

一番思うのは、子どもと私で感じ方が違うということです。

読んでいると、変なとこで笑ったり、言葉を繰り返したりと、なんでそこなのかな?なんて思うことが結構あったりします。

子どもは、カラフルな絵やリズムで楽しみ。
大人には、自身の人生との照らし合わせた気付き。

子どもから大人まで幅広く楽しめるのが、絵本や童話といったものの素晴らしさだと思います。

何度も何度も読むことで

絵本を読んでいると、色んな事に気づきました。

  1. 絵本は短く、5分くらいで読めるので、何度も何度も読んであげることができます。
  2. 覚えやすいリズムで書かれているので頭に残りやすい。
  3. 繰り返し繰り返し読み聞かせることができるので、子どもに伝えたい、ステキな言葉を、絵本の場面そのままに、子どもの心に刻みこめる。
  4. 小説のように長くはないけど、ギュッと凝縮され、洗練された文章が、子どもの心に響いて残る。

そんなステキな魅力があると、子どもに読み聞かせながら、気付かされました。

読み始めると、子どもにもっと読んであげたいと思うようになりました。

私の視点で、オススメの絵本・童話を紹介していきます。

オススメなんかあれば教えてもらえると、嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする