絵本で子育て。大人も読みたい絵本①

死別の悲しみをあたたかく包んでくれる絵本

別れは、必ずやってくるものです。

そんな時、悲しみをあたたかく包んでくれるそんな1冊の紹介です。

「なきすぎてはいけない」

大切な人からのメッセージ

この絵本は、死にゆくおじいちゃんが、孫にあてたメッセージを、詰め込んだ絵本です。

優しいやわらかな、だけどどこかさみしげな絵とともに、おじいちゃんの愛情あふれる言葉
が綴られています。

自分の身近な大切な人に、置き換えて読んでみても良いかもしれません。

「わたしは よわむしがすきだ
よわむしの おまえがすきだ
よわむしは
ひとのかなしみを おもいやれるから」

この絵本で、私が一番ステキだと思った言葉です。

強さとは何か、弱さとは何かを考えさせてもくれる言葉だと感じました。

いつか我が子が死別の悲しみを体験した時、そっと読み聞かせてやりたいと思います。

おじいちゃんの、知恵と愛情がつまった絵本、「なきすぎてはいけない」の紹介でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする