子どもの叱り方は穏やかに、近くで、静かに。やってみようCCQ。

子どもが悪いことをしたら、どうしますか?

多くの方が、大きな声で「ダメ」と言うでしょう。

じゃあ、もっと悪いことをしたらどうしますか?

もっと大きな声で「ダメ」と言うでしょう。

じゃあ、もっともっともーっと悪いことをしたら?

もっともっともーっと大きな声で…。

これって、キリがないですよね。

エスカレートして、最終的には叩いてしまう、なんてことにもなりかねません。

子どもを叱るのに、大声は逆効果

今日は、子どもを効果的に叱る、CCQについてお話したいと思います。

CCQってなに?なんか難しそうですよね?

でも、実は簡単な略語なんです。

C(Calm おだやかに)、C(Close 近くで)、Q(Quietly 静かに)の略です。

叱る時は、しゃがんでこどもの目線になって、近くで、静かな声で穏やかに話すと、子どもは言うことを聞きやすいです。

そう言っても、なかなか信じられませんよね?

子どもは、周りの雰囲気につられやすい

こんな経験ありませんか?

大きな声で遊ぶ子といれば、つられて大きな声になるし、泣いてる子がいれば、一緒になって泣いてしまいます。

だから、大人が大きな声でしかれば、大きな声で反発するのです。

一旦反発する方にスイッチが入ると、引っ込みがつかなくなり、意地になってどんどんどんどん反発していきます。

大人が負けじと更に大きな声を出せば、さらに強い力で、子どもも反発しようとします。

これでは、収集がつかなくなってしまいますよね?

子どもも大人も、怒りに身を任せていると、冷静に考えられなくなります。

適正な判断をするにはどうしたら良いでしょう?

そう、落ち着くことです。

子どもに言うことを聞かせるためには、まずは落ち着かせないといけないのです。

まずは、自分が落ち着こう

そのために大人ができることは、まずは自分が落ち着くことです。

CSPでお伝えした、落ち着くための方法を実行してください。

すぐに怒らす、一呼吸しよう。落ち着くヒント。

子どもがつられて落ち着いてしまうくらい、ゆったりとした落ち着いた気持ちになりましょう。

そうしたら、子どもの側にそっと近づいて、腰を下ろして、ささやくような声で、子どもにどうしてほしいのか話しましょう。

ある程度年齢が高くなった子なら、大人が指示するよりも、子どもに考えさせるように促したほうが、適切な行動を取りやすいです。

我が家でも、実践中

例えば、3歳の家の子は、弟のオモチャをよく取り上げます。

そんなときは、こんなやり取りをします。

私「りんちゃん、それは誰のオモチャだった?」
娘「そうちゃんの。」
私「取り上げちゃっていいのかな?」
娘「ダメ」
私「そうちゃん泣いてるけど、どうしたらいい?」
娘「ごめんね」(口を尖らせながら、オモチャを返す)

誰でも、無理やりやらされるのは、気分が良くないですよね。

だから、子どもが自分から良い行動ができるように促すと、子どもは実行しやすいのです。

最後は、ちゃんと褒める

上のようなやり取りは、一見手間がかかるように思えますが、子どもを大声で叱りつけて、泣かせて無理やりやらせるよりも、短時間にスムーズにことが進みます。

それに、褒めて終わりにできるので、お互いに気持ちがいいです。

とは言っても、私も怒ってしまうこともあります。

それでも、やっぱり優しく言ったほうが子どもは、しっかり聞いてくれます。

子どもの悪い行動って、イライラするから、怒鳴りたくなる気持ちはよぉぉくわかります(笑)。

だけどこらえて、こらえて。

C(Calm おだやかに)、C(Close 近くで)、Q(Quietly 静かに)

子どもに話しかけてみてください。

効果は抜群です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする